大村ひであきブログ

2014-08-26 のつぶやき

2014/08/26 23:59
  • 午前9時半に、愛知県サッカー協会の鈴木会長と日本サッカー協会を訪問し、大仁会長に「FIFAフットサルワールドカップ2020開催構想概要書」を提出しました。日本サッカー協会として日本招致と愛知での開催を正式に決定して頂き、FIFAに対してもその意向を表明して頂くようお願いしました。 #
  • 大仁会長からは、「日本サッカー協会としてできるだけ早く招致を決定したい。そしてFIFAに手を挙げていきたい」と大変力強いお言葉を頂きました。愛知県でのフットサルワールドカップの開催に向けて、間違いなく一歩前進したものと思います。 #
  • 愛知県は、名古屋オーシャンズの本拠地であり、国際大会の実績もあるフットサル先進地。国内外からのアクセスも良く、万博など国際的大型イベントの経験も豊富であるため、愛知県でこそ、大会を大成功に導くことができると確信しています。引き続き、大会の招致に向けてしっかりと取り組んで参ります。 #
  • 日本サッカー協会の大仁会長へ「FIFAフットサルワールドカップ2020開催構想書」を提出しました。 http://t.co/rATPnXlbNy #
  • 午後1時半から、愛知県水産会館にて、平成26年度愛知県農業会議第1回総会で祝辞を述べました。日頃から、農業生産力の向上と農業経営の合理化、農業者の地位向上にご尽力頂き、お礼申し上げます。今後も、農業会議の皆様方と手を携えながら、全国有数の本県農業の更なる振興を図って参ります。 #
  • 続いて、栄ガスビルにて、今年度2回目の「知事と語る会」を開催。今回は「次代のモノづくりを支える人材の育成-技能五輪全国大会を契機とした人材の育成!-」をテーマに、モノづくり人材の育成に取り組む(株)デンソー技研センター、コンドウ建築、県立豊田工業高校の皆様に発表して頂きました。 #
  • デンソーさんの技能者育成と技能五輪への取組、コンドウ建築さんでの伝統的な木造建築を行う若手大工の育成、豊田工業高校における企業や大学との連携による人材育成の取組等をお聞きし、こうした取組により、高い技術・技能が培われ、愛知のモノづくり産業を支えていると改めて実感しました。 #
  • 愛知県では、11月に、高い技術を持った若者たちが、その培われた技を競う技能五輪・アビリンピック全国大会を開催します。多くの県代表選手が優秀な成績を収めて、大いに盛り上がるとともに、それを見た若者や子供たちが、将来の愛知のモノづくりを支える人材へと育っていくことを期待します。 #
  • 第2回の知事と語る会にて。 http://t.co/hDimEPzCyz #
  • 知事と語る会に参加して頂いた、デンソーさん、コンドウ建築さん、豊田工業高校さんと。アイチータも。 http://t.co/xdO495ZsNP #
  • 夜は、西尾市諏訪神社の三河一色大提灯まつりへ。約450年前、海魔退散のために大かがり火を焚いた祈祷大祭を起源としており、御神火を献灯された大ろうそくが灯る12帳の大提灯が幻想的な雰囲気を漂わせます。こうした伝統あるお祭りを、この先もしっかり守っていってほしいと思います。 #

Powered by Twitter Tools