大村ひであきブログ

2013-12-25 のつぶやき

2013/12/25 23:59
  • 午前10時から愛知県競馬組合の12月定例議会に管理者として出席。平成25年度一般会計補正予算及び財政調整基金条例の一部改正についてご議決頂きました。名古屋競馬については、先般、来年度の事業継続を決定したところです。引き続き収支改善に取り組み、単年度の黒字化を定着させて参ります。 #
  • 本日、2030年の社会経済を展望し、2020年を目標とする中長期の愛知づくりの戦略「あいちビジョン2020」の素案を発表しました。このビジョンの最大のテーマは、2027年度に予定されているリニア中央新幹線の東京・名古屋間の開業を見据えた新しい時代の大都市圏づくりです。 #
  • リニアの開業により、首都圏から中京圏に至る5千万人規模の大交流圏が誕生し、愛知はその西の拠点となります。このインパクトを最大限活用し、モノづくり産業の集積などを生かしながら、国内外から人・モノ・情報・カネを呼び込み、世界と闘える強い「中京大都市圏」をつくって参ります。 #
  • ビジョンでは、そのための2つの戦略を掲げており、1つ目は時間軸を意識した地域づくりです。7年後のオリンピック開催、その7年後のリニア開業を見据え、2020、2027年を念頭に基盤整備や企業誘致、魅力づくり等を進めていきます。また、2つ目の戦略が経済活力と豊かな暮らしの好循環です。 #
  • 行政ニーズが拡大・多様化する中、まず経済活動を活発にすることで財政を豊かにし、教育や福祉等の住民サービスや県民の皆様の豊かな暮らしにつなげ、同時に雇用を生み出し、新たな市場や産業が生まれる好循環を実現していきます。そして「日本一の元気を暮らしの豊かさに」を基本目標とします。 #
  • また、こうした将来像の実現に向けて、ビジョンでは12の重要政策課題を設定。強い大都市圏をめざす政策の充実を図るとともに、成熟した少子高齢社会を見据え「女性の活躍」や「障害者支援」にも力点を置いています。今後、さらに各方面のご意見をお聞きしながら、来年3月に策定して参ります。 #
  • 本日午後、中部日本放送株式会社様から「CBCチャリティ募金こどもにぴたっ。」で寄せられた歳末義援金333万余円の寄託を受け、感謝状を贈呈しました。義援金は、愛知県共同募金会を通じて県内の児童福祉施設等に配分され、年末年始の行事に役立てて頂きます。深く感謝申し上げます。 #
  • 続いて、中日新聞社会事業団様から「年末助け合い運動」で寄せられた義援金の一部366万余円の寄託を受け、感謝状を贈呈しました。義援金は、愛知県内の福祉事務所を通じ、生活保護を受けている世帯の小中学生にお年玉としてお届けします。誠にありがとうございました。 #
  • 続いて、11月9・10日にウインクあいち等で開催した第23回全国産業教育フェア愛知大会の生徒実行委員会の皆さんが、開催までの1年半にわたる活動の報告に来てくれました。DVD映像を通して、生徒一人一人が生き生きと力強く頑張っている姿を見せて頂き、大変嬉しく思いました。 #
  • 私も会場に出かけ参加させて頂きましたが、全国から10万7600人もの方が来場され、大変素晴らしい大会でした。また、皆さんの輝く目と笑顔は、私にとって一番のプレゼントとなりました。今回得た経験、仲間を一生の宝物とし、これからの人生を素晴らしいものにして頂きたいと思います。 #
  • 愛知私学助成をすすめる会の中川会長、私学をよくする愛知父母懇談会の安井会長、愛知県私立学校教職員組合連合の寺内中央執行委員長がお越しになり、私学助成予算に関する要望を受けました。学校教育での私学の重要性を踏まえ、要望内容をしっかりと受け止め、今後の予算編成の中で検討して参ります。 #

Powered by Twitter Tools