大村ひであきブログ

大村ひであき活動レポート(2010年2月26日号)

2010/02/26 11:12

■衆・予算委員会の集中審議(社会保障)で質問に立ちます!
2月26日(金)15:00~18:00
NHK・TV中継
うち大村は、16:00~16:30の予定
オリンピック女子フィギア・フリーの後の中継です。是非ご覧下さい。


【衆・厚労委で追及 2月19日(金)】

○まず、9日(火)衆・予算委においてただした年金問題についてさらに追及。「年金記録問題に取り組む工程表が出てこない。とりあえず、22年度で1割やって後は行き当たりばったりでは無責任。2年でやると言っていたのにやらない。マニフェスト違反だ。」
「年金保険料を事務費に充てないということも実現のメドがない。できなかったら責任をとるべし。」

○次に、国立がん研究センターの理事長人事を政治がゴリ押しで歪めたことを厳しく追及。
「国立がん研究センターが4月から独立行政法人になることに伴い、トップとなる理事長人事が発表された。同じく独法となる他の5つのセンターは現在の総長がそのまま理事長となるのに、がんセンターだけが代わる。この不可思議な人事に複数の医療関係者から私のところに声が届いている。例えば、

★廣橋現総長は、日本がん学会理事長でもあり、国際的にも著名ながん研究の第一人者。一方、嘉山氏は、がん研究の実績という点では、廣橋現総長と比較にならない。
★今回の交替は極めて不可解。よくわからない。何か別の力が働いているのでは。
★さらには、もっとハッキリと、嘉山氏は熱烈な民主党の支持者として有名な方だ。その論功行賞で昨年10月には中央社会保険医療協議会の委員にもなっている。そして、それだけでは足らなくて今回、山形大学医学部長から国立がん研究センターの理事長に抜擢された。
★医療界のシンボルとも言うべき国立がん研究センターのトップ人事がこんな政治的なゴリ押しで決められてよいのか。医療現場の士気に大変な悪影響を及ぼす。ことは、日本を代表する国立がん研究センターだから、極めて深刻だ。二度とこのようなことがないように切に願う。

・・・・・などなど。」

○まさに行政の私物化。引き続き、医療界のためにも、二度とこのような歪んだ人事が行われないようしっかりと監視していきたい。

○医療費についてもマイナスとなっていることを追及。
「我々がつくった21年度補正予算を約2600億円も医療分野だけでカット。それを診療報酬に振り替えると言っておきながら、これもマイナス。こういうのを日本語でウソと言う。民主党に医療政策はない。引き続き厳しく追及していく。」


☆☆☆☆☆メディア出演☆☆☆☆☆
■CBCラジオ「国会ふるさと便」
2月27日(土)5:00~5:15
(※放送は愛知・岐阜・三重・静岡の一部)
「民主党政権の問題点」「自民党再生に向けて」などについてお話します。早朝ですが、是非お聞き下さい。

■ラジオ日本「こんにちは!鶴蒔靖夫です」
3月2日(火)11:30~11:50
(RFラジオ日本1422kHz)
年金問題の解決策、自民党のあるべき姿、方向についてお話します。是非お聞き下さい。

■「週刊☆コダワリタイム」に出演
3月7日(日)5:25~5:40
中京テレビ

1月からスタートした中京TVの報道番組です。
「自民党に今、求められている役割は何か?」を日曜の早朝ですが、是非ご覧下さい。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆メディア出演☆☆☆☆☆☆☆☆

■『ビートたけしのTVタックル』
~ご長寿大国ニッポンの進む道~
3月15日(月)21:00~21:54
メ~テレ(テレビ朝日)
人類が経験したこともない超高齢化社会の日本。高齢者を
活用した新しいイノベーションを生むことが出来るのか?
ご長寿大国ニッポンの行く末を考える!たけしさん、
大竹まことさん、阿川佐和子さん、三宅久之さん、
田嶋陽子さん、勝間和代さんらと
大村で徹底討論!ぜひご覧下さい。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆