大村ひであきブログ

2017/11/27 の投稿

2017-11-27 のつぶやき

2017年11月27日 月曜日
  • 今日、27日(月)の午前10時から、定例の記者会見をしました。そこで、冒頭、先週の中国訪問をまとめて報告しましたので、ここでも、改めて報告いたします。 #
  • ①11月21~23日に、中国を訪問して参りました。まず、21日午後、片山在上海総領事と面談し、日中間における政治・経済情勢などをご説明頂くとともに、愛知県と江蘇省など地域間交流の重要性や今後の日中関係を始め、労働力人口の減少など様々な社会問題について意見交換しました。 #
  • ②その後、南京で江蘇省の呉省長と面談しました。呉省長からは、今後、科学技術交流、文化交流、青少年交流の分野に力を入れていきたいとの発言がありました。私からは、これまでの交流実績を紹介するとともに、様々な分野での交流、特に、青少年の相互交流を実現して参りたいと申し上げました。 #
  • ③翌22日は、江蘇省美術館で開催された「愛知県・江蘇省友好書道展」の開会式に出席しました。開会式では、私から、今回の書道展開催により、日中の共通の文化である書道を介して、両地域の草の根の交流がさらに盛んになり、両国民の相互理解が一層深まることを期待しているとご挨拶申し上げました。 #
  • ④書道展には、私も、「累世通好(るいせいつうこう)」という、長年にわたり友好的な関係が続くことを意味する中国由来の故事成語を揮毫して、展示させて頂きました。また、書道展の交流会では、日中双方の書道家らが参加して、席上揮毫などを行い、交流を深めて頂きました。 #
  • ⑤その後、常熟市に移動し、愛知県西尾市に本社があり、常熟市に進出したオティックス社を訪問しました。オティックス社では、自動車のエンジン関連部品の製造工程などを視察し、常熟市で事業を行うメリットや課題などについてお話を伺いました。 #
  • ⑥夜は、常熟市の王書記と面談しました。王書記からは、常熟市には、トヨタ自動車の研究開発センターがあるなど産業が盛んであり、また、愛知県体育館が舞台となったピンポン外交の記念碑も建てられているなど、愛知県と関係が深く、今後も交流が発展することを期待しているとの発言がありました。 #
  • ⑦最終日の23日は、常熟市虞山公園の米中ピンポン外交記念碑を視察しました。この記念碑は、1971年に愛知県体育館で開催された世界卓球選手権で、アメリカ人選手と交流し米中関係改善のきっかけとなった、江蘇省出身の男子卓球選手・荘則棟氏の働きかけで、2011年に設置されたものです。 #
  • ⑧記念碑の横では、常熟日報と常熟テレビの取材を受けました。私から、愛知県は2015年に愛知県体育館に記念モニュメントを設置してピンポン外交の意義を若い世代の人にも伝えていることを紹介し、37年にわたり続いてきた愛知県と江蘇省の友好交流を今後も更に発展させていきたいと述べました。 #
  • ⑨最後に、常熟市にあるトヨタ自動車部品有限会社にて、無段変速機やハイブリッド用トランスミッションの生産工程などを視察しました。また、トヨタ自動車研究開発センター有限会社では、各種試験・評価設備や水素ステーションを視察し、中国製EVによるテストコース走行に同乗させて頂きました。 #
  • ⑩2泊3日と短い渡航でしたが、友好書道展の開催、江蘇省省長や常熟市書記との面談、県進出企業の視察などを行い、有意義な渡航でした。来年6月には、今度は愛知県で書道展を開催します。今回の江蘇省での盛り上りをしっかり引き継ぎ、両県省及び日中の友好交流の一層の発展につなげて参ります。 #
  • ①「フィギュアスケートグランプリファイナル愛知・名古屋2017」が、いよいよ12月7日から10日まで、名古屋市の日本ガイシホールで開催されます。愛知県や名古屋市などで構成する大会の支援委員会では、この大会のために愛知を訪れる選手、関係者、観客の皆様に向けて、歓迎装飾を行います。 #
  • ②まず、12月1日から10日まで、中部国際空港国内線到着ロビーに、大会当日コーチと選手が採点結果を待つ「キス・アンド・クライ」をデザインしたパネルを設置します。また、同じデザインのパネルは、12月6日から10日まで、名古屋駅中央コンコースのウェルカムプラザにも設置します。 #
  • ③名古屋駅では、大会当日に入賞者へ贈られる、愛知の花を使ったビクトリーブーケと、愛知の伝統工芸有松・鳴海絞のリボンをあしらったメダルのレプリカも展示。ブーケを持って記念撮影もできます。また、愛知県県民栄誉賞第1号である浅田真央さんのジュニア時代の衣装や写真等も展示します。 #
  • ④さらに、12月2日から10日まで、オアシス21の豊田合成リンクで、「フィギュア応援宣言!GPファイナル2017」を開催します。今回のグランプリシリーズの写真展示のほか、8日と9日には、パブリックビューイングや、私と忍者隊のトークショー、安藤美姫さんのトークショー等も行います。 #
  • ⑤「フィギュアスケートグランプリファイナル愛知・名古屋2017」が、多くの方々の記憶に残る素晴らしい大会となるよう、ぜひとも、県民の皆さんにも一緒になって盛り上がって頂きたいと思います。 #
  • 大会入賞者に贈られるビクトリーブーケです。愛知県農業総合試験場と国の研究機関が共同で開発した、「かがり弁」と呼ばれる、氷の結晶のような形をした、珍しい花びらの白菊が使われています。 https://t.co/poPc04nm7t #
  • 同じく大会入賞者に贈られるメダルのレプリカです。メダルのリボンは、創業400年を超える「有松・鳴海絞」の老舗、竹田嘉兵衛商店に制作して頂きました。「鎧段絞り」という伝統的な絞り染めの技法で制作されています。 https://t.co/3qYZq9hSB1 #
  • ①愛知県では、昨年開催した「全国障害者芸術・文化祭あいち大会」から1年となる12月から来年1月にかけて、障害のある方が制作されたアート作品を身近に楽しんで頂くため、企業の店舗や宿泊施設などのまちなかで作品展を開催します。この障害者芸術のまちなか展開は、愛知県では初の取組です。 #
  • ②まず、「あいちアール・ブリュット×アティックアート連携作品展」では、障害のある方の絵画をデザインしたクリアファイルなど、企業のノベルティグッズの制作に取り組んでいるアティックアート社と連携し、名古屋・豊橋・岡崎の3つの会場で、ノベルティグッズやその原画を展示します。 #
  • ③また、蒲郡と豊田の4つの会場では、「“あいち”まちじゅうアール・ブリュット展」を開催します。この作品展は、障害のある方の芸術文化活動を支援する「あいちアール・ブリュットネットワークセンター」が中心となり、アート活動に取り組む福祉施設や事業所と連携して開催するものです。 #
  • ④この「“あいち”まちじゅうアール・ブリュット展」では、活動に賛同する企業にもご協力いただき、例えば、会場の三谷温泉の旅館では地元蒲郡の風景を描いた作品を、また、自動車販売店の会場では車をモチーフにした作品など、各会場に合わせた作品展示をお楽しみいただけます。 #
  • ⑤こうした作品展の開催は、障害のある方の一般企業への就職にもつながっており、それは、愛知の取組の特色の一つだと言えます。今回のまちなかでの作品展は、障害や障害のある方について理解を深めるよい機会になります。各会場とも入場無料です。身近なまちなかでの作品展をぜひお楽しみください。 #
  • お昼前、宝くじ「幸運の女神」が、年末ジャンボ宝くじのPRにみえました。当せん金は、1等・前後賞合わせて10億円で、販売期間は、今日から12月22日までです。収益金は、発売団体である都道府県や指定都市の芸術・文化の振興、防災対策などに使われますので、皆様、ぜひ、お買い求めください。 #
  • 年末ジャンボ宝くじのPRにみえた、宝くじ「幸運の女神」の蓬田みなみさん、宝くじ発売等を受託しているみずほ銀行の皆様と。愛知県公館にて。 https://t.co/eHGHiXFn3p #
  • 宝くじ「幸運の女神」の蓬田みなみさんから、年末ジャンボ宝くじを購入しました。愛知県公館にて。 https://t.co/MHQ2Z9FfAJ #
  • 午後1時半から、メルパルク名古屋にて「あいち女性の活躍促進サミット2017」を開催し、女性の活躍推進に積極的に取り組む「あいち女性輝きカンパニー」優良企業に選ばれた皆様を表彰しました。「女性が元気に働き続けられる愛知」の実現に向け、引き続きしっかりと取り組んで参ります。 #
  • 「あいち女性輝きカンパニー」優良企業に選ばれた、損害保険ジャパン日本興亜(株)中部本部、(株)デンソー、日本特殊陶業(株)、日本ガイシ(株)、マイコミュニケーション(株)の皆様と。メルパルク名古屋にて。 https://t.co/Sxa1mANE38 #
  • 午後2時半から、愛知県庁正庁にて、愛知県精神保健福祉事業功労者知事表彰式を行い、長年、精神科医療や社会復帰事業で多大なご貢献を頂いた6名と2団体の皆様を表彰しました。今後とも皆様のご協力を賜りながら、障害のある方もない方も全ての人が輝く愛知の実現に向け、しっかり取り組んで参ります #
  • 愛知県精神保健福祉事業功労者の皆さんと。愛知県庁正庁にて。 https://t.co/gn26hiFBI6 #
  • 午後4時から、大府市内で開催された知多地域経済会議に出席し、知多地域の商工会議所、商工会の皆様から、中小企業支援、防災対策の推進、交通基盤の整備等に関する要望を頂きました。いずれも、知多地域の発展を図る上で大変重要な課題です。要望の趣旨を踏まえ、しっかりと取り組んで参ります。 #
  • その後続いて、『愛知の未来への挑戦及び知多地区のさらなる飛躍』をテーマに、自動運転の実証実験やオレンジタウン構想の推進、航空宇宙産業の振興、愛知県国際展示場の整備など県のプロジェクトについて講演しました。今後も商工会議所、商工会の皆様と力を合わせ、地域の発展に取り組んで参ります。 #
  • 大府市内で開催された知多地域経済会議において、会長の木村大府商工会議所会頭から要望書をいただきました。 https://t.co/ATg4YgvOXo #
  • 知多地域の商工会議所会頭及び商工会会長の皆様と。知多地域経済会議にて。 https://t.co/TMiU2GRVJF #

Powered by Twitter Tools