大村ひであきブログ

2015-03-03 のつぶやき

2015/03/03 23:59
  • 午前中に、美術品収集家の故・木村定三氏の奥様の美保子様から、文化振興基金へ5千万円のご寄附を頂き、感謝状を贈呈しました。御夫妻からは、これまで3千点超の美術品を寄贈頂いており、愛知県美術館の中核をなす「木村定三コレクション」として多くの方に鑑賞頂いています。深く感謝申し上げます。 #
  • 愛知県美術館の中核である「木村定三コレクション」の調査研究費をご寄附いただいた、木村美保子様へ感謝状を贈呈いたしました。 http://t.co/9lN0ANlDvO #
  • 午後1時から臨時会見を行い、ピンポン外交記念モニュメントのデザインについて発表しました。愛知県では、愛知県体育館50周年の今年度、ピンポン外交とその舞台となった第31回世界卓球選手権大会(1971年)を顕彰するモニュメントの製作を行っており、12月にデザインなどの企画提案を公募。 #
  • このたび、ご応募頂いたデザインを基に、掲載写真や記述などの検討を進め、全体デザインが確定しました。愛知県出身の現代美術家・水谷イズル氏による全体デザインは、モノトーンでまとめられ、日本・中国の伝統美である水墨画をイメージ。「未来の友好平和の礎」にという願いが込められた構図です。 #
  • デザインにある日米中の国旗をモチーフとしたピンポン球が軽やかに弾む様は、多国間の対話を表現。日本の書道家・高岡亜衣氏による「平和」「愛」、中国の書道家・熊峰氏による「友好」「夢」の文字と英語のメッセージは、日米中の友好を築いたピンポン外交の功績と友好平和を表現しています。 #
  • また、向かって左側のプレートには、日米中の国旗及びピンポン外交の解説文とともに、ピンポン外交の意義を称え、世界の友好平和を願う私のメッセージを入れさせて頂きました。右側のプレートには、第31回世界卓球選手権大会やその後の日米中の外交に関連する写真と年表を掲載します。 #
  • 現在、陶板などの製作に取りかかっており、5月中旬頃に除幕式を予定しています。この記念モニュメントの設置により、日米中の友好平和のメッセージと愛知県体育館のスポーツ施設としての魅力を国内外に発信し、多くの人々にモニュメントをご覧頂くことで、国際交流の推進につなげて参ります。 #
  • ピンポン外交記念モニュメントのデザインを発表してます。 http://t.co/Cda3C7uSiC #
  • 続いて、稲沢市の国府宮神社へ。今日、旧正月13日は、天下の奇祭「はだか祭」です。私も裸になり、神男さんの最終祈祷に立ち会った後、出陣しました。厄年の男性を中心に数千人の裸男が、神男に触れようと激しくもみ合い、すごい熱気でした。寒さを吹き飛ばし、頑張ってきました! #
  • 国府宮はだか祭りにて、尾張大國魂神社の境内を回ってます。 http://t.co/fekeGb8H20 #
  • 国府宮はだか祭りにて、タレントの大内ひろのしんさんと。 http://t.co/bwuHAP4kXF #
  • 国府宮はだか祭りにて、神男さんと。 http://t.co/5VrIFdhfGq #

Powered by Twitter Tools