大村ひであきブログ

‘年金’タグの投稿

大村ひであき活動レポート(2010年4月2日号)

2010年4月2日 金曜日

【新世代保守を確立する会を開催!】

◆3月2日(火) 第4回◆

○伊藤忠商事、丹羽宇一郎会長から自民党の再生に向けて、熱いエールとメッセージを頂きました。概要は次のとおり。
「★経済の成長なくして日本の再生はない。日本の経済力が落ちればpassingだ。発言力はどんどん落ちる。アメリカは直接中国、アジアへ向う。
★昨夏の選挙の得票率は民主47%、自民38%。国民は民主党には白紙委任したのではない。自民党には自信を持って頑張ってほしい。特に民主党政権には経済政策がない。1月4日のウォール・ストリート・ジャーナルは、日本は行動しない。決めない。経済は病気だ。次の10年も3回目の“失われた10年”になるだろうと評している。
★経済成長は、人口の伸び、生産手段への投資、生産性の向上から成る。それらが、いずれも減っていく中で、民主党の政策に答えは全くない。
★今後ポイントとなるのは、教育、中小企業、農業だ。特に、教育への投資を増やし人材の厚みを増すことが重要。
★トインビーは、国が衰退する原因は意思決定能力の欠如だと喝破している。まさに、今の民主党政権そのままだ。今こそ、自民党が明快な経済成長政策を打ち出して立ち向かってほしい。自民党の次世代を担う若手の皆さんに大いに期待する。」 (さらに…)

大村ひであき活動レポート(2010年2月26日号)

2010年2月26日 金曜日

■衆・予算委員会の集中審議(社会保障)で質問に立ちます!
2月26日(金)15:00~18:00
NHK・TV中継
うち大村は、16:00~16:30の予定
オリンピック女子フィギア・フリーの後の中継です。是非ご覧下さい。


【衆・厚労委で追及 2月19日(金)】

○まず、9日(火)衆・予算委においてただした年金問題についてさらに追及。「年金記録問題に取り組む工程表が出てこない。とりあえず、22年度で1割やって後は行き当たりばったりでは無責任。2年でやると言っていたのにやらない。マニフェスト違反だ。」
「年金保険料を事務費に充てないということも実現のメドがない。できなかったら責任をとるべし。」

○次に、国立がん研究センターの理事長人事を政治がゴリ押しで歪めたことを厳しく追及。
「国立がん研究センターが4月から独立行政法人になることに伴い、トップとなる理事長人事が発表された。同じく独法となる他の5つのセンターは現在の総長がそのまま理事長となるのに、がんセンターだけが代わる。この不可思議な人事に複数の医療関係者から私のところに声が届いている。例えば、 (さらに…)

大村ひであき活動レポート(2010年2月10日号)

2010年2月10日 水曜日

【衆・予算委で年金問題を追及 2月9日(火)】

○午前10時より1時間、年金、医療、社会保障をテーマに議論する予定で質問に立つ。
しかし、全く逃げの答弁ばかりでまともに答えてもらえず、審議は大いに紛糾。度々審議が中断し、結果、年金問題だけで1時間45分以上にわたり鳩山政権を追及することとなりました。

○まず、「年金記録問題について、民主党マニフェストでは2年で集中的に取り組むと言っているのに予算が要求の半分。工程表も示されない。重大なマニフェスト違反だ。マニフェストを引っ込めるなら、国民に謝罪すべき。」

○「年金通帳について、500億円の要求が40億円。やめるならハッキリと言え。むしろ、こんなものやめて、インターネットを活用して、社会保障カードの導入を進めるべき。」

○「民主党マニフェストでは、年金保険料は事務費に充てないと言っていたが、22年度予算では、事務費4475億円のうち、2046億円を保険料で充てている。これも明らかなマニフェスト違反。また、事務方に聞いたら、この件で政務三役から何の指示もなかったということだった。極めて無責任だ。違反を認めて謝罪すべき。」 (さらに…)

大村ひであき活動レポート(2010年1月28日号)

2010年1月28日 木曜日

【学齢期の子どもの放課後をみんなで考えよう!シンポジウムに参加】

○1月16日(土)午後、名古屋市教育センターにて、標記のシンポジウムにパネラーとして参加。

○大村からは、平成19年から始まった「放課後子どもプラン」の趣旨と内容を説明。
放課後等に子どもたちに安全で健やかな居場所づくりを推進。
各市町村で教育と福祉の部局が連携して、子どもたちの健全な育成と指導を図るもの。
放課後児童クラブや学童保育を支える多くの関係者の皆さんに感謝しながら、さらなる普及と定着に向けて予算の確保と拡充について決意を申し上げました。

○今回主催された「なごやっ子の放課後を考える会」の皆さんに敬意を表しつつ、引き続き、全国レベルでも子育て支援の推進に向けて全力で頑張ってまいります。 (さらに…)

大村ひであき活動レポート(2009年11月13日号)

2009年11月13日 金曜日

■10月28日(水)  10時半より厚生労働部会。
少子化対策、子育て支援をテーマに議論。
大村から、子ども手当ての財源、スケジュールの問題点を指摘。
午後、本会議で代表質問。

■10月29日(木)  9時より厚生労働部会。
新型インフルエンザ対策について議論。
大村から、「ワクチン接種を1回か2回にする経過があまりにも恣意的で不透明。また、接種費用の負担が実費なのはおかしい。ワクチンを国が買い上げる予算はあるのだから、負担の軽減はできるのではないか。今後強く要求していく。」
午後、本会議終了後、農林関係打合せ。「この間示された所得保障政策は全国一律の価格差補給金にすぎない。民主党マニフェストにあるすべての農産物販売農家に対する戸別の所得保障と全く違う。公約違反だ。しっかり指摘すべき。」 (さらに…)

大村ひであき活動レポート(2009年10月23日号)

2009年10月23日 金曜日

【10月26日(月)21:00~21:54 メ~テレ(テレビ朝日) 「ビートたけしのTVタックル」出演】

○テーマは、社会保険庁改革、インフルエンザ対策、医療政策、子育て対策など。

○大村からは、「国会論戦で民主党マニフェストの矛盾を徹底的に追及し、正しい方向に政策を導いていきたい。」
また、たけしさんには、「はっきり言って民主党に甘すぎるんじゃないですか。エコひいきですよ。同じくらい厳しく言わなきゃ不公平ですよ。」とアピール。
大竹まことさんにも、「今度は私と同じ側に座ってるんだから、民主党を追及して下さいよ。」と催促。

○たけしさん、大竹さん、阿川佐和子さん、三宅久之さん、勝谷誠彦さんらと激論トークバトル。是非ご覧下さい。 (さらに…)

大村ひであき活動レポート(2009年10月1日号)

2009年10月1日 木曜日

【9月22日(火)8:00~ メ~テレ(テレビ朝日) 「スーパーモーニング」 出演】

○大村からは、「民主党はこれまでは野党だったから無責任に抽象的なことをやるやると言ってかけ声だけでよかったが、これからはそうはいかない。
政権運営するには政策として整合性のとれたものを具体的に法律案という形で一言一句つめて文章にして国会に出さなければならない。また、予算という形で一円単位までつめて必要性とあわせて国会に出す。そして、その結果には責任を持つ。こうしたことができなければ、日本という国を運営できない。
民主党のマニフェストは財源もなく整合性もとれていない。実現すれば、実体経済の足を引っ張り大きなハレーションを起こす。そうした実態を国民に見てもらうためにも一日でも早く彼らに具体的な提案を出してもらって国会で議論したい。今からうずうずしている。」 (さらに…)

大村ひであき活動レポート(2009年7月16日号)

2009年7月16日 木曜日

【自民党×民主党 政策公開討論会に参加 「医療・年金・介護政策」で本格的な政策討論】

○7月1日(水)から5日間の日程で標記の討論会が「言論NPO」(代表:工藤泰志)の皆さんの主催で東京で開かれました。
テーマは、「将来ビジョンと政権担当能力」「経済」「財政」「医療・年金・介護」「雇用」「環境」「農業」「外交・安全保障」「国と地方」の9つで、それぞれ党役員クラスが代表して討論に参加。
このうち「医療・年金・介護政策」では、自民党が大村、民主党が枝野幸男氏で、7月7日(火)午後2時から2時間、コメンテーターの方々を交えて、みっちり討論しました。 (さらに…)

大村ひであき活動レポート(2009年6月4日号)

2009年6月4日 木曜日

【サンデープロジェクト 出演、討論】
5月31日(日) 10:00~11:45

○田原総一朗さんをメイン・コメンテーターとする日曜日朝の定番の報道番組。この日のテーマは3つ。
まずは、北朝鮮の核実験・ミサイル発射問題。この点に関しては、北朝鮮に関する衆・参の抗議決議にもあるように、与野党の枠を超えて断固たる制裁措置を講じ、アメリカ、中国、ロシア等6カ国協議の枠組みと国連の下で、北朝鮮の核開発を断固阻止し、拉致問題を含め北朝鮮との諸問題を解決していく必要があるとの認識で一致。 (さらに…)