大村ひであきブログ

‘マリア・ラーション’タグの投稿

大村ひであき活動レポート(2010年8月18日号)

2010年8月18日 水曜日

【衆議院欧州社会保障調査議員団でヨーロッパを訪問】

○8月16日、中部、成田、フランクフルト経由でストックホルムへ。

○翌17日、まずスウェーデン社会省(Ministry of Health and Social Affairs)を訪問。

○ヨハンソン副大臣らと社会保障の意見交換。大村から「高齢化、医療技術の進歩などで医療費は自然と増える。これは世界共通の現象だ。国民負担を増やしても医療費を増やすべきだと考えているのかどうか。」
ヨハンソン氏からは「この問題は、熱いポテトだ。医療費の伸びと国民負担については大いに論争がある。われわれは税金を上げるのではなく、分配を変え、合理化、効率化で対応する。」
スウェーデンも初期医療は地域の医師が行い、その紹介があって初めて病院にかかる。という制度にしている。医療費の合理化は先進国共通の課題だ。
この社会省には大臣が3人いて、そのうちの一人がマリア・ラーション。昨年の3月に来日し、当時厚生労働副大臣であった大村のところに来た。そのことを思い出し、一緒に来たヤコブソン局長にもよろしくと申し上げた。 (さらに…)

大村ひであき活動レポート(2009年4月17日号)

2009年4月17日 金曜日

【スウェーデン マリア・ラーション氏 高齢者福祉・国民健康担当大臣と会談】

○3月23日(月)厚生労働省副大臣室で会談。
ラーション氏は3人の子供を持つママさん国会議員。
教員出身でキリスト教民主党主席副代表。

○大村からは、「スウェーデンをはじめ北欧の社会保障・福祉政策と経験は、十分研究し、大いに参考にさせていただいている。これからも両国が情報交換を緊密に行って人類共通の課題である活力ある高齢社会の実現に向けて努力していきたい。」 (さらに…)