大村ひであきブログ

2016-06-08 のつぶやき

2016/06/08 23:59
  • おはようございます。今日は、「第105回中部圏知事会議」です。会場は、今年の大河ドラマの舞台、真田氏ゆかりの地である長野県上田市です。中央自動車道等を経由して、向かっています。 #
  • 午前中は、中部圏知事会議の視察で、上田城跡公園へ。真田信繁(幸村)の父・昌幸が築城した上田城は、真田石と呼ばれる巨石を組み込んだ石垣が迫力です。「信州上田真田丸大河ドラマ館」では、大河ドラマのセットの世界をバーチャル体験できるコーナーなど、本県が進める武将観光の参考になりました。 #
  • 午後からは、国際21クリスタルホールにて、インフラ整備、地方創生、防災対策、少子化対策など、中部圏が抱える課題や必要な施策について、中部9県1市の知事・市長が提案を持ち寄って、意見交換等を行い、中部圏知事会としての「国への提言」を取りまとめていきます。 #
  • 頑張ってください❗"@satomi_ryuji: 昨日、沢田名古屋市議と党青年局の皆様と、大村愛知県知事@ohmura_hideaki にVoiceActionの結果を報告、政策の要望を。「#青年の声」、全力で取り組みます! https://t.co/Rm6yElFwlF" #
  • 上田城跡公園をご案内頂いた上田市長、信州上田おもてなし武将隊「真田幸村と十勇士」の真田幸村と猿飛由炎佐助、視察に参加された知事・市長の皆さんとご一緒に。 https://t.co/snwNVIYQnd #
  • 会議では、まず、「世界的なスポーツ大会開催への支援」について、名古屋市と共同で招致する「第20回アジア競技大会」に関する本県の取組を紹介し、招致活動や開催準備に対する国の支援を提案するとともに、中部各県の皆様にも、一部競技会場の施設利用や大会の盛り上げへのご協力をお願いしました。 #
  • 次に、「多文化共生社会づくりの推進」について、中部9県では、日本語指導が必要な外国人児童生徒が全国の半数近くを占めるにも関わらず、学校で外国人の子どもたちが日本語についていけないという現状を踏まえ、国・地域ともに子どもたちの日本語教育を支援することの重要性を訴えました。 #
  • また、中部国際空港の機能強化では、CIQ体制の充実・強化等、リニア中央新幹線については、駅の整備にあわせ、駅を核とした地域活性化、さらに地震対策等の推進では、ゼロメートル地帯における河川海岸堤防の強化の必要性について発言しました。 #
  • 「北陸新幹線の早期全線整備」について、中部圏と北陸圏は、観光等の人的交流はもとより、産業等物流面での結び付きが強いことから、北陸新幹線のルートがどう決定されるにせよ、両圏域をつなぐ高速鉄道ネットワークの確保と充実が大変重要であることを申し上げました。 #
  • 国への提言を取りまとめた後、各県市からのPRでは、あいちトリエンナーレ2016、国民文化祭・あいち2016、全国障害者芸術・文化祭あいち大会の連続開催について紹介しました。今年は愛知県にとって「芸術・アートの年」。県外からも多くの方々にご来場いただくよう、ご協力をお願いしました。 #
  • なお、このたびの中部圏知事会議では、愛知県と名古屋市が共同で招致する「第20回アジア競技大会」について、各県知事から、力強い支援・協力のお言葉をいただきました。今後とも各県知事としっかり連携しながら取り組んでまいります。次回の中部圏知事会議は、11月に静岡県で開催予定です。 #

Powered by Twitter Tools