大村ひであきブログ

大村ひであき活動レポート(2010年11月18日号)

2010/11/18 17:46

【11月9日 医療と介護の体制強化を訴える】

11月9日(火) 朝、社会保険労務士議員懇談会。

午後3時から、愛知県看護連盟国会見学研修会。大村から、
「医療と介護の切れ目のない連携をつくることが必要。QOLの向上を考えれば、訪問介護の充実が必要。特に、これからは看取りの体制強化を。今後の診療報酬改定で位置づけていくことが必要。」


【11月10日 大村ひであき政経セミナー「元気だせニッポン!」を開催】

11月10日(水) 朝、中部直轄河川治水懇談会。昼、スロバキア大使との昼食会。

○午後1時から、決算行政監視委員会の理事懇談会。
平成20年度決算について「議決案」を作成するよう委員長(大村)から各会派(民主、自民、公明)の担当理事に指示。決算は「議案」ではなく、内閣による 国会への「報告」として扱っており、委員会及び本会議では、決算そのものを議決するのではなく、決算を審査した決算行政監視委員会が「議決案」を作成し、 その「議決案」に賛成するか反対するかを議決することとしています。
よって、この日の理事懇で、議決案を作成するよう私から提示しました。

○夜、大村ひであき政経セミナー「元気だせニッポン!」お越し頂きました多くの皆さんに厚く御礼申し上げます。


【11月11日 幼児教育議員連盟総会に出席】

11月11日(木) 朝8時から、幼児教育議員連盟総会。幼稚園・保育園の廃止と「こども園」創設について、大村から
「看板の架け替えなら意味がない。中身を詰めずに強行すれば現場が混乱するだけではないか。幼稚園に希望者を全部入れる応諾義務を課せるのか。利用者負担を統一できるのか。保育の質の確保ができるのか。論点はたくさんある。もっと現場の方々の意見を聞くべき。」