大村ひであきブログ

大村ひであき活動レポート(2009年11月19日号)

2009/11/19 17:44

【新世代保守を確立する会を設立】

○11月11日(水)、大村はじめ自民党の中堅・若手の有志議員約20名が集い、新たに政策グループ「新世代保守を確立する会」New Breed Conservatives (NBC)を設立。

○大村から冒頭、「自民党の新しい旗を立てる。新たな保守の理念をつくる。小さくて温かい政府で経済成長戦略を実現する。そして、自民党のメッセージを大いに発信する。そのための強力な政策グループとしたい。」と発言。

○当日は発会に当たって、日本のオピニオン・リーダーである田原総一朗さんをメイン・ゲストに迎え
「小さな政府。経済成長。競争力。責任力。アジアを米・EUと並ぶ第3極にするために日本がその世話役となるべき。それを実現するためのパワーが保守政党である自民党に必要。アメリカの共和党のような存在を目指し、国際社会での責任を持つ日本をつくるというメッセージを発すべき。発信力とパワーが今求められている。この会を拠点に大いに発信してもらいたい。大いに期待する。」
と自民党再生へ向けての熱いメッセージとエールをいただきました。

○今後とも有識者・経済人など多彩な方々と意見を闘わせながら、自民党再生と日本再構築のために積極的に活動してまいりたいと存じます。何卒よろしくお願い申し上げます。

○なお、本会の趣意書も大村がつくりました。
新たな保守の理念を確立することを旨として、概要は次のとおりです。
全文は大村のHPにアップしました。是非ご覧いただき、ご意見を賜れば幸いです。今後ともご支援の程、よろしくお願い申し上げます。

自民党の新しい理念や価値観とは「健全な保守」の理念を時代に合わせて再構築した「新たな保守主義」である。
民主党は政府が国民から資源を吸い上げ、集めたパイを切り分けて国民に分配するという「増税を伴う大きな政府」を指向している。
極めて社会主義的色彩の強い政党だ。
これに対して「保守の政党」を標榜する我々自民党は、公平かつ健全な競争を通じて経済を活性化させ、国際競争力を高め、あらゆる政策を動員して経済を成長させるという成長戦略を重視する。
自民党は小さく効率的でかつ温かい中央政府を打ち立てると同時に、徹底的な地方分権により「地域のことは地域で決められる」地方を作らねばならない。日本の伝統・文化を大切にしつつ、豊かで安定した国民生活の実現を目指す。加えて、世界の平和と安定のための応分の負担を厭わず、日本独自の貢献を続ける。これこそ、自民党の政策であるべきだ。
我々はこうした「国のかたち」を念頭に、新しい時代に合った「新世代保守」の理念を創造することが、自民党を復活させる唯一の道だと考える。「新しい保守主義」の下で党改革と世代交代を実現させ、自民党を「再び国民の信頼を得られる」政党に生まれ変わらせる。


【「刈谷万燈祭」で皇居前を祝賀パレード 天皇陛下御在位二十年をお祝いする国民祭典で】

○11月12日(木)午後、全国から集合した多くのまつりの皆さんに交じって「刈谷万燈祭」も祝賀パレードに参加。
大村も手張りちょうちんを持って祭の皆さんとともに、桔梗門前から二重橋前まで内堀通りを楽しく行進。沿道の多くの観客の皆さんから声をかけていただきました。

○なお、10年前の御在位十年の祝賀パレードも万燈祭の一員として参加させていただきました。その時は冷雨が降り、大変な思いをしたことが昨日のことのように思い出されました。
今回は雨は降りませんでしたが、大変寒くて夏装束の皆さんは大変だったと思います。

○なお、万燈の2つ後に郡上おどりの皆さんがいましたが、そこに20名以上知立の郡上おどりの会の方々が参加していて思わずビックリしました。
一緒に記念写真を撮り、楽しい思い出となりました。

○今回の奉祝祭典を機に天皇皇后両陛下のご健勝ご多幸と日本国の平和と繁栄がもたらされるようご祈念申し上げます。


☆☆☆☆☆メディア出演☆☆☆☆☆
■「太田光の私が総理大臣になったら・・・秘書田中」
11月20日(金)19:58~20:54
中京(日本)テレビ

今回は、板東英二さんマニフェスト「景気を戻すために公共事業は減らしません」。
是非ご覧下さい。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆