大村ひであきブログ

‘雇用’タグの投稿

大村ひであき活動レポート(2010年10月28日号) その2

2010年10月28日 木曜日

【10月27日 補正予算の議論で怒り心頭】

10月27日(水) 朝、自民党行政改革本部の会合。

○公務員制度の議論で、大村から、「地方公務員の給与のあり方について、その地域の民間における賃金のあり方を、特に参考にすべき」と強く書き込むよう指摘。

○その後、厚生労働部会で22年度補正予算の議論。大村が昨年4月、麻生内閣での景気対策のための大型補正予算で組んだ2つの目玉の事業。雇用保険を受給できない方々に対し、無料の職業訓練と生活給付を行う「緊急人材育成支援事業」7,000億円。地域ごとの医療体制の整備を行う「地域医療再生基金」3,100億円。これを昨年10月民主党政権が理由もなく7,000億円を3,500億円に。3,100億円を2,350億円にカット。私は予算委等で厳しく追及しました。それが、今度の補正予算で前者に1,000億円。
後者に2,100億円をそのまま追加してきました。さすがに私も怒り心頭。「民主党政権に告ぐ。いかに自分たちが愚かだったか。まず、お詫びと謝罪をしてから国会に出してこい。国会をなめるな!顔を洗って出直して来い!」と指弾。最近ここまで腹が立ったことはありません。徹底的に追及します。
(それにしても血圧が大いに上がってしまった。イケナイ。イケナイ。)

○11時半から、渋谷駅ハチ公前で「創生日本」の街頭演説。安倍元総理をはじめ同僚議員とともに尖閣諸島問題等を中心に菅民主党政権を追及。
大村からは、「民主党政権の無策が続くと円高が止まらない。日本からどんどん企業が逃げ出し、雇用の場もなくなる。日本と日本経済を守るためにも一日も早く菅民主党政権を打倒しなければならない。」と訴えました。

大村ひであき活動レポート(2010年8月23日号)

2010年8月23日 月曜日

【衆議院欧州社会保障調査議員団でヨーロッパを訪問 その2】

○8月19日(木)午前はドイツ手工業中央連合会を訪問。ドイツのマイスター制度について意見交換。100万の事業所と500万人の就業者。ドイツ経済に大きな役割。大村から、資本主義の社会では中小企業がシェアを維持するのは難しいのではないか?と質問したところ、ドイツでは中小企業が強く安定している。これは変わらない。との答え。日本との国情の違いを思い知らされました。
その後、12時にドイツ労働社会省を訪問。大村から、リーマン後への対応、ギリシャ危機・ユーロ危機への対応と雇用対策をお聞きしました。
午後はパン職人のマイスター制度と事業所の視察。ドイツに根づいている職人気質を大いに感じました。 (さらに…)

大村ひであき活動レポート(2010年5月19日号)

2010年5月19日 水曜日

【5月13日レポート】

○5月13日(木)明治学院大学法学部政治学科の新入生を前に講演。
21世紀のこの国のかたち。外交、経済、社会保障のあり方。目指すべきは、日本型福祉国家、安心社会と経済成長。日本の成長戦略などについてお話しました。新入生の初々しい姿に清々しさを感じました。
なお、明治学院大学副学長の川上和久先生とはテレビ番組でご一緒させていただいたことなどから親しくご指導いただいており、当日も激励のメッセージをいただきました。有難うございました。 (さらに…)

大村ひであき活動レポート(2010年1月28日号)

2010年1月28日 木曜日

【学齢期の子どもの放課後をみんなで考えよう!シンポジウムに参加】

○1月16日(土)午後、名古屋市教育センターにて、標記のシンポジウムにパネラーとして参加。

○大村からは、平成19年から始まった「放課後子どもプラン」の趣旨と内容を説明。
放課後等に子どもたちに安全で健やかな居場所づくりを推進。
各市町村で教育と福祉の部局が連携して、子どもたちの健全な育成と指導を図るもの。
放課後児童クラブや学童保育を支える多くの関係者の皆さんに感謝しながら、さらなる普及と定着に向けて予算の確保と拡充について決意を申し上げました。

○今回主催された「なごやっ子の放課後を考える会」の皆さんに敬意を表しつつ、引き続き、全国レベルでも子育て支援の推進に向けて全力で頑張ってまいります。 (さらに…)

大村ひであき活動レポート(2009年12月14日号)

2009年12月14日 月曜日

【11月30日(月) 肝炎対策基本法成立】

○12時半より、自民党総裁応接室で谷垣総裁、福田元総理、舛添前厚労大臣等と肝炎患者団体の皆さんとの意見交換懇談会。
大村が進行で取り仕切り、谷垣総裁、福田元総理から、ねぎらいと今後とも前向きに取り組んでいくことを申し上げ、患者団体の皆さんから御礼と引き続きよろしくお願いしたい旨の発言をいただき、和気あいあいの雰囲気の中で行われました。大村も会終了後、多くの皆さんと握手をして別れましたが、改めて、今後とも前向きに取り組んでいく決意を強くいたしました。

○なお、こうした経緯について当日夜9時からのNHKニュースウォッチ9でも取り上げられ、大村のインタビューとして、
「ここまで来れてある意味、感無量です。超党派で肝炎対策を進めていく議員連盟を作って対策を進めてほしいという話もあります。具体的に各党各会派に話をしていければかなと思っています。」
と発言。
肝炎対策に中心的に取り組んできて3年半。これからも積極的に進めてまいります。 (さらに…)

大村ひであき活動レポート(2009年11月13日号)

2009年11月13日 金曜日

■10月28日(水)  10時半より厚生労働部会。
少子化対策、子育て支援をテーマに議論。
大村から、子ども手当ての財源、スケジュールの問題点を指摘。
午後、本会議で代表質問。

■10月29日(木)  9時より厚生労働部会。
新型インフルエンザ対策について議論。
大村から、「ワクチン接種を1回か2回にする経過があまりにも恣意的で不透明。また、接種費用の負担が実費なのはおかしい。ワクチンを国が買い上げる予算はあるのだから、負担の軽減はできるのではないか。今後強く要求していく。」
午後、本会議終了後、農林関係打合せ。「この間示された所得保障政策は全国一律の価格差補給金にすぎない。民主党マニフェストにあるすべての農産物販売農家に対する戸別の所得保障と全く違う。公約違反だ。しっかり指摘すべき。」 (さらに…)

大村ひであき活動レポート(2009年7月9日号)

2009年7月9日 木曜日

【徹夜でTV討論。その後は、福祉フォーラム、自民党県連大会パワー全開でさらに頑張ります。】

○6月26日(金)深夜25:20~28:20、テレビ朝日「朝まで生テレビ!」で雇用、貧困問題を徹底討論。
大村からは、正月の派遣村以降の雇用対策の進展を説明した後、「雇用と社会保障のセーフティネットを強化する。そのためにも強い経済をつくらなければいけない。我々自民党が責任を持って引き続き政権を担って社会保障と経済が両立する活力ある国を作っていきたい。」と力強くメッセージ。

○徹夜で討論した後、早朝の新幹線で地元へ。27日(土)朝10時から、刈谷市産業振興センターで「第2回碧海福祉フォーラム」で社会福祉法人むそう理事長 戸枝陽基氏と対談。
大村から、障害者福祉施策の拡充、法制度の見直しなどについて解説。その後の夕方のスタッフ等の会合では、大村から「障害を持った方も含めてすべての人が地域で住んで暮らして地域の活動に参加して、その人の個性と能力に合わせて働いていける。そんな社会、地域をつくっていけるよう、皆で頑張ってこの国に福祉の“革命”を起こしたい。それが私の願いです。これからも頑張りましょう。」と挨拶。
その後、午後1時から、名古屋で自民党県連大会へ。 (さらに…)

大村ひであき活動レポート(2009年4月24日号)

2009年4月24日 金曜日

【国費15.4兆円。事業規模56.4兆円。過去最大の追加経済対策を決定】

○4月10日(金)政府・与党で深刻な状態の日本経済を下支えするための追加経済対策を決定。
中身は、雇用、環境、医療、福祉、金融などのほか贈与税減税も盛りこみ、まさしく「政策総動員」となりました。
4月27日(月)に国会に提出、直ちに審議入りし、連休をはさんで審議を進め、できるだけ早く成立させ実行に移してまいりたいと存じます。

○具体的には、「経済危機対策」と銘打って以下の対策を講じます。これにより21年度の実質経済成長率を2ポイント引き上げ、40万~50万人の雇用創出を見込みます。 (さらに…)

大村ひであき活動レポート(2009年4月10日号)

2009年4月10日 金曜日

【自動車買い換え支援対策を決定】

○今の日本経済は想像を絶する厳しさ。足下が崩れおちるような感。非常時には非常の策。特に波及効果の高い分野に重点的に対策を講ずる必要があります。

○自動車は住宅・電気・ITと並んで日本経済の中心。
自動車の生産額は54.1兆円。雇用は関連も含めて501万人。
その自動車産業の低迷が関連産業も含めて日本の経済・雇用に甚大な悪影響を与えています。

○21年4月から環境対応車には、過去最大の2,100億円規模の減税(自動車重量税、取得税)が行われるものの、年明けの状況はさらに厳しさを増しており、関連産業を含めた日本全体の景気の下支えや雇用の確保を考えれば、さらなる対策を講じていく必要があると考えます。 (さらに…)

大村ひであき活動レポート(2009年2月27日号)

2009年2月27日 金曜日

【CS日テレNEWS24「闘論」に出演「ニッポン雇用再生への道」を熱く議論】

○2月19日(木)夜21:00~22:00 1時間生放送で討論しました。
雇用の問題での討論会になると、大村も最近よく声がかかります。そこで、多くの方とよくご一緒になる機会が多いのですが、この日の出演者もよくご一緒させていただいた方々ばかりで、活発な議論ができたのではと思います。

○樋口美雄(慶応大教授)、城繁幸(ジャーナリスト)、勝間和代(ジャーナリスト)さんらは、日本の雇用法制を見直し、欧米型の能力給を中心とした体系への移行が望ましい。
終身雇用よりも実力主義を。そして労働法制の規制緩和が必要。といった主張。古賀伸明(連合事務局長)さんは、日本型労働慣行の維持。雇用の確保を主張。

○こうした中で、大村の主張は、「一番大事なのは、正規・非正規の格差をいかに是正していくか。このためには、これまでの日本型の雇用のあり方の見直しの議論を始めなければいけないと思う。しかし、進め方は慎重にしなければならない。現下の情勢をかんがみれば、派遣法の規制強化も必要。また、労働法制の規制緩和は、それだけが一人歩きするおそれがあるので現段階では慎重であるべき。」というもので、今回の出演者の中では、大村と古賀さんが同じような論陣を張っていたと思います。

○日本人の働き方の問題は、大変大きなテーマです。引き続き、皆さんと共に考えていきたいと思います。 (さらに…)