大村ひであきブログ

‘新型インフルエンザ’タグの投稿

大村ひであき活動レポート(2009年11月13日号)

2009年11月13日 金曜日

■10月28日(水)  10時半より厚生労働部会。
少子化対策、子育て支援をテーマに議論。
大村から、子ども手当ての財源、スケジュールの問題点を指摘。
午後、本会議で代表質問。

■10月29日(木)  9時より厚生労働部会。
新型インフルエンザ対策について議論。
大村から、「ワクチン接種を1回か2回にする経過があまりにも恣意的で不透明。また、接種費用の負担が実費なのはおかしい。ワクチンを国が買い上げる予算はあるのだから、負担の軽減はできるのではないか。今後強く要求していく。」
午後、本会議終了後、農林関係打合せ。「この間示された所得保障政策は全国一律の価格差補給金にすぎない。民主党マニフェストにあるすべての農産物販売農家に対する戸別の所得保障と全く違う。公約違反だ。しっかり指摘すべき。」 (さらに…)

大村ひであき活動レポート(2009年5月29日号)

2009年5月29日 金曜日

【5月22日(金)朝7:30~テレビ朝日「やじうまプラス」緊急生出演 ~新型インフルエンザ対策を説明~】

○大村からは、「本日朝、麻生総理を本部長とする政府の対策本部が開かれ、新たな対処方針を決定する。これは、水際対策から国内対策へ重点を移していくもので、今後の対策を感染拡大の防止と糖尿病、ぜん息などの持病があり重篤化する恐れのある人の感染防止・治療に集中して講じようとするもの。

☆具体的には、感染地域を次のように大きく2つのグループに分け、地域の実情に応じた柔軟な対応を行っていくこととする。

  1. 感染初期、患者が少数。感染拡大防止に努めるべき地域。これまでと同様、患者は感染症指定医療機関等に全員入院、治療。感染経路を減らす。学校等区域の一部・全部で臨時休業。
  2. 急速な患者数の増加。重症化の防止に重点を置くべき地域。一般医療機関にも発熱外来を設置し、患者の直接受診も。重症者や基礎疾患のある人は入院。軽症者は自宅療養、健康観察。学校等は当該施設のみ臨時休業。季節性インフルエンザと同様の対応。

☆検疫は、質問表に基づく健康状態の把握に力点を置き、ブース検疫を中心。事前の通報で有症者がいる場合のみ機内検疫を実施。 (さらに…)

大村ひであき活動レポート(2009年5月21日号)

2009年5月21日 木曜日

【5月8日(金)東京都特別区長会から介護施設の整備の要請】

○3月群馬県渋川市の静養ホームで発生した火災による死亡事故を受けて、同会会長の多田江戸川区長はじめ、中央、文京、葛飾、墨田の各区長さんらがみえて、「在宅介護の困難な低所得者向け福祉施策の充実に関する緊急要望」。
この問題は、大都市部では、居宅での介護が困難でかつ低所得の高齢者等を受け入れてくれる施設が少なく、結果として地方にその受け皿を求めざるを得ないことから生じています。

○大村からは、「都道府県とも連携して、有料老人ホームの届出の徹底と安全性の確保に万全を期したい。高齢者が住み慣れた地域で安心して生活ができる受け皿づくりを整備する必要があり、今回の経済対策の中に、介護拠点整備の予算を約3,000億円計上した。都市部を含め、必要な施設の整備を積極的に進めていきたい。」
※なお、この模様は当日18時10分からのNHK首都圏ネットワークでも放送されました。 (さらに…)

大村ひであき活動レポート(2009年5月13日号)

2009年5月13日 水曜日

GW大型連休はいかがでしたか。
大村は一昨年は、アメリカを訪問し経済・金融担当副大臣として、NYで米金融関係トップと意見交換し、ワシントンでアメリカ議会の上下両院の実力者と会談し、日米関係強化のために費やしました。
昨年は、日本に陣取り、地元日程、国会、テレビ討論等で走り回りました。
今年は、新型インフルエンザ対策に全力で取り組むとともに、国会、地元活動、国政報告、テレビ討論等で目まぐるしく日々を過ごしました。
連休明けは追加の大型経済対策の予算審議も始まりました。
日本経済を立て直し、景気と雇用を守るために早期成立に全力をあげ、その後に控える政治決戦にぶつかってまいります。何卒よろしくお願い申し上げます。 (さらに…)

大村ひであき活動レポート(2009年4月28日号)

2009年4月28日 火曜日

【4月8日(水)国会内での献血に参加】

○近年、献血者数が減少傾向にあり、特に若年層の献血者の減少が著しいことから、医療に必要な血液が不足する恐れが生じたため、平成17年4月厚生労働省に「献血推進本部」を設置し、献血の確保、血液製剤の適正使用等の対策の推進を図ってきました。
おかげで平成20年度は508万人の方に協力いただき、安定供給に必要な血液を確保できているところです。
今年は、東北楽天の田中将大投手と女優の藤原紀香さんのお二人に春の献血キャンペーンを行っていただいています。

○こうした中で、国会内での献血があり、大村も厚生行政の責任者として国会の合い間をぬって、400ml協力させていただきました。
当日は議員、秘書、職員の皆さんで117名の協力がいただけました。
献血にご協力いただいた皆さん、日本赤十字社の皆さんに心から厚く御礼申し上げます。 (さらに…)