大村ひであきブログ

‘厚生労働部会’タグの投稿

大村ひであき活動レポート(2010年10月28日号) その2

2010年10月28日 木曜日

【10月27日 補正予算の議論で怒り心頭】

10月27日(水) 朝、自民党行政改革本部の会合。

○公務員制度の議論で、大村から、「地方公務員の給与のあり方について、その地域の民間における賃金のあり方を、特に参考にすべき」と強く書き込むよう指摘。

○その後、厚生労働部会で22年度補正予算の議論。大村が昨年4月、麻生内閣での景気対策のための大型補正予算で組んだ2つの目玉の事業。雇用保険を受給できない方々に対し、無料の職業訓練と生活給付を行う「緊急人材育成支援事業」7,000億円。地域ごとの医療体制の整備を行う「地域医療再生基金」3,100億円。これを昨年10月民主党政権が理由もなく7,000億円を3,500億円に。3,100億円を2,350億円にカット。私は予算委等で厳しく追及しました。それが、今度の補正予算で前者に1,000億円。
後者に2,100億円をそのまま追加してきました。さすがに私も怒り心頭。「民主党政権に告ぐ。いかに自分たちが愚かだったか。まず、お詫びと謝罪をしてから国会に出してこい。国会をなめるな!顔を洗って出直して来い!」と指弾。最近ここまで腹が立ったことはありません。徹底的に追及します。
(それにしても血圧が大いに上がってしまった。イケナイ。イケナイ。)

○11時半から、渋谷駅ハチ公前で「創生日本」の街頭演説。安倍元総理をはじめ同僚議員とともに尖閣諸島問題等を中心に菅民主党政権を追及。
大村からは、「民主党政権の無策が続くと円高が止まらない。日本からどんどん企業が逃げ出し、雇用の場もなくなる。日本と日本経済を守るためにも一日も早く菅民主党政権を打倒しなければならない。」と訴えました。

大村ひであき活動レポート(2010年9月29日号)

2010年9月29日 水曜日

【子ども・子育て、雇用政策で問題点を強く指摘!】

9月29日(水)午前中は、自民党厚生労働部会等で23年度予算要求を基に大村から次のとおり問題点を指摘。

○子ども手当では、一番の矛盾である海外居住の外国人の子どもに対する支給がこの6月、何人でいくらだったのか全く明らかになっていない。この点だけみてもこの制度はおかしい。

○児童虐待防止のためにも児童相談所の体制強化を図る必要があるが、具体的な取組みがみられない。

○民主党は口を開けば「幼保一元化」と何とかの一つ覚えのように言い、これで物事のすべてが魔法のように解決すると言うが、議論の前提となる具体的なプランが何ら示されない。これでは議論のしようがない。極めて無責任だ。

○雇用政策の中で職業能力開発は重要な分野だが、これが民主党の事業仕分けで危機に瀕している。東京都のメッキ組合がやっているメッキ大学という研修事業の存続が厳しい。とか私の地元の中小企業が共同で従業員のスキルアップのための研修事業を企画したができなくなった。とか様々なクレームを聞いている。こうした声に応え、必要な能力開発事業は継続すべきだ。

※引き続き、真に実効性のある具体的な施策づくりに取り組んでまいります。

大村ひであき活動レポート(2010年6月1日号)

2010年6月1日 火曜日

【5月21日(金) レポート】

■5月21日(金)■

○朝8時から自民党厚生労働部会。年金保険料などで作った病院を整理合理化し、売却した分を年金財源に戻すということでやってきたが、民主党政権が方針転換。全部残して独立行政法人へ。親方日の丸で合理化はしない。こんなことでは認められない。さらに詰める。病院を売却したときの利益が年金の財源に回るかどうかわからない。赤字が出たときにどうするのか?税金で尻拭いするのではないか?明確な答弁がない。行政改革の視点からして全くおかしい。

○10時過ぎからの厚生労働委員会で質問。母子家庭の母の就業支援。
一定の雇用率を目標にすべきではないか。B型肝炎訴訟。原告団との面談で冷たい官僚的答弁に終始したのは遺憾。なぜお詫びかねぎらいの一言でも言えなかったのか?また一日でも早く解決策を提示すべき。正規・非正規の格差是正のためには同一価値労働・同一賃金の原則を導入すべき。そして社会保険・厚生年金病院の独立行政法人化の法案について、先ほどの論点を中心に質しました。行政改革、国民負担、年金の財源などの観点からさらに議論してまいります。 (さらに…)

大村ひであき活動レポート(2009年11月24日号)

2009年11月24日 火曜日

【11月13日(金)】

朝8時から、LPG対策議連に続いて、自動車政策懇談会。

○自動車工業会各会員メーカー役員と意見交換。
「景気対策、円高対策と我々自民党政権がこれまで日本の自動車産業の振興に向けて取り組んできた政策を今の民主党政権がことごとく否定しようとしている。我々がつくったエコカー減税、買い換え補助金も否定。製造業の派遣も禁止。円高も容認。2020年で排出ガス25%削減では、国内の自動車販売は90%以上ハイブリッドカー義務付けとなり、クラウン、レクサス、RVも国内販売禁止となる。これでは、日本で自動車はじめモノづくりが成り立たない。自動車総連も現実の政策から目を背けないで、日本で引き続き自動車産業がやっていけるように我々がやってきた政策をきちんと評価して、正しいものは正しいと支持するように言ってほしい。そうでないと日本の産業、モノづくりが壊れる。日本経済と産業を守るためにもこれからも頑張っていきたい。」

○午前10時から、天皇陛下御即位20周年祝賀の宮中茶会。
天皇・皇后両陛下、皇太子殿下にご挨拶。特に皇后陛下には、今年5月の全国赤十字大会にご臨席いただき、ご一緒させていただいた御礼を申し上げました。終了後、退場する際、前夜の祝賀式典で歌を披露したEXILEのリーダーHIROさんとボーカルATSUSHIさんと懇談。
大村から、「サングラスをかけずに歌うのは普通ありませんよね。でも昨日の歌は良かったですよ。CDで売れたら大ヒットですね。でも一回限りだそうですね。惜しいですね。これからも頑張って下さい。」と激励して握手。 (さらに…)

大村ひであき活動レポート(2009年11月13日号)

2009年11月13日 金曜日

■10月28日(水)  10時半より厚生労働部会。
少子化対策、子育て支援をテーマに議論。
大村から、子ども手当ての財源、スケジュールの問題点を指摘。
午後、本会議で代表質問。

■10月29日(木)  9時より厚生労働部会。
新型インフルエンザ対策について議論。
大村から、「ワクチン接種を1回か2回にする経過があまりにも恣意的で不透明。また、接種費用の負担が実費なのはおかしい。ワクチンを国が買い上げる予算はあるのだから、負担の軽減はできるのではないか。今後強く要求していく。」
午後、本会議終了後、農林関係打合せ。「この間示された所得保障政策は全国一律の価格差補給金にすぎない。民主党マニフェストにあるすべての農産物販売農家に対する戸別の所得保障と全く違う。公約違反だ。しっかり指摘すべき。」 (さらに…)