大村ひであきブログ

2017-10-11 のつぶやき

2017/10/11 23:59
  • ①この度、愛知県では、「タッチ」の「浅倉南」役や「となりのトトロ」の「草壁サツキ」役など人気アニメの声優として、また、女優やラジオパーソナリティ等としても活躍されている、日高のり子さんを「LOVEあいちサポーターズ」に委嘱することとしました。日高のり子さんで25組目となります。 #
  • ②大使名については、日高のり子さんから、愛・地球博記念公園にある「サツキとメイの家」を始め、人と自然が共存する愛知の風景を多くの方に伝えていきたいとの申し出を頂いたことから、「あいち緑と仲良し大使」と命名させて頂きました。 #
  • ③なお、日高のり子さんからは、今回、委嘱をお願いするに当たり、御本人から次のようなコメントを頂きました。 #
  • ④『自然が大好きな私。2005年に開催された愛知万博「愛・地球博」は、3日間、家族とともに楽しみました。「サツキとメイの家」では、小さなお子さんがサツキやメイのセリフを話している様子に温かい気持ちになりました。 #
  • ⑤「となりのトトロ」でも、人と自然が仲良く暮らすことの大切さが描かれています。そんな県内の風景を、多くの方にお伝えしていければと思っています。』日高のり子さんには、今後、様々な機会に、愛知を大いにPRして頂きたいと思います。 #
  • 午後2時、幸田町民会館にて、長崎県島原市と愛知県幸田町の姉妹都市提携調印式に出席し、祝辞を述べました。両市町は、島原藩主深溝松平家が幸田町深溝の出身であることを縁に交流を重ね、この度、姉妹都市提携を締結することとなりました。これを機に、両市町の交流が一層深まることを祈念します。 #
  • 島原市・幸田町姉妹都市提携調印式で祝辞を述べています。幸田町民会館にて。 https://t.co/uEnRKlSYeA #
  • ①本日未明、メキシコで開催された国際かんがい排水委員会において、歴史的なかんがい施設の認定・登録制度である「世界かんがい施設遺産」に、東三河の松原用水・牟呂用水が登録されることが決定しました。愛知県内では、入鹿池、明治用水に続く3年連続の登録であり、大変喜ばしく思います。 #
  • ②松原用水は、水不足に苦悩していた豊川右岸地域の開拓のため、1567年に豊川の水を引いて作られたことが始まりです。一方、牟呂用水は、豊川左岸地域の新田開発のため、1888年に既設の賀茂用水を延伸して作られました。二つの用水により、豊川流域は一大農業地域への第一歩を踏み出しました。 #
  • ③現在では、二つの用水の取水口は統合され、新たに建設された牟呂松原頭首工から約1600haの水田地帯を潤しています。今回の登録を機に、今一度、先人たちの功績と歴史に思いを馳せ、用水の恩恵を再認識していただければと思います。 #
  • 「世界かんがい施設遺産」への登録が決定した、牟呂用水です。写真正面に見えるのが、牟呂用水第1号樋管です。セメントが普及していない当時、水密を要する場所に用いられた新技術「人造石工法」が今も残っています。 https://t.co/zJ36EywkGs #

Powered by Twitter Tools