大村ひであきブログ

2017/04/17 の投稿

2017-04-17 のつぶやき

2017年4月17日 月曜日
  • 昨日、北朝鮮が弾道ミサイルを発射しました。失敗とはいえ、累次にわたる弾道ミサイルの発射は、平和と安全を損なう重大な挑発行為であり、断じて容認できません。明白な安保理決議違反で、航空機や船舶の安全確保の観点からも極めて問題であり、厳重に抗議するとともに強く非難します。 #
  • 政府には、国際社会と連携して北朝鮮の拉致、核、ミサイルといった諸懸案の包括的な解決に向けて、断固とした措置をとるよう強く要請します。愛知県としても、引き続き、県民の皆様の生命・財産を守るため、安全・安心の確保に努めて参ります。 #
  • ①愛知県では、生涯にわたって数多くの発明を為し、この地域の産業の礎を築いた豊田佐吉翁が、明治31年8月1日に日本初の動力織機の特許を取得したことから、この8月1日を「愛知の発明の日」と定め、科学技術や創意工夫を大切にする気運の醸成に積極的に取り組んでいます。 #
  • ②その豊田佐吉翁の生誕150周年にあたる今年、愛知県では、7月・8月を「あいち発明の夏2017」と銘打ち、7月下旬に、ポートメッセなごやにて、「愛知の発明の日」記念講演会や、世界青少年発明工夫展、ロボカップ2017名古屋世界大会といった大規模なイベントを集中的に開催します。 #
  • ③特に中心行事である「愛知の発明の日」記念講演会では、特別講演の講師として、トヨタ自動車株式会社名誉会長の豊田章一郎氏をお迎えすることとなりました。講演会の開催日は7月28日(金)です。多くの県民の皆様のご参加をお待ちしています。 #
  • ④また、本日より、「愛知の発明の日」の趣旨に賛同して頂ける団体や企業の皆様から、協賛行事の募集を開始します。「あいち発明の夏2017」の取組を通じ、科学技術への関心や交流を深め、少年少女発明クラブの拡充など次代の産業首都あいちを担う科学技術人材の育成支援に力を注いで参ります。 #
  • ①2019年春に、名古屋市と尾張旭市に広がる愛知県森林公園で開催する「第70回全国植樹祭」の大会イメージソングを、愛知県岡崎市出身のシンガーソングライター・岡村孝子さんに制作して頂けることとなりました。来週26日、東京事務所にて、私から岡村孝子さん御本人に委嘱状をお渡しします。 #
  • ②岡村孝子さんの清潔感ある柔らかな歌声は、緑あふれる全国植樹祭のイメージにふさわしく、大会のテーマである「木に託す もり・まち・人の あす・未来」をイメージさせるような、心に響き、心に残り、親しみがわく楽曲ができあがることを大変楽しみにしています。 #
  • ③また、全国植樹祭の効果的な広報・PRを行うため、これまで愛知万博広報プロデューサーを始め様々な行事で御協力を頂いています、マリ・クリスティーヌさんに、広報大使をお願いすることといたしました。 #
  • ④全国植樹祭の開催まで2年余り。今年度から着手する式典会場や植樹会場の整備のほか、県内の子どもたちが植樹行事で使う苗木を育てる「苗木のスクールステイ」の取組や、PRのためのキャラバン活動など、全国植樹祭の成功に向け、県民の皆様と一体となって、しっかりと準備を進めて参ります。 #
  • ①このたび、愛知県では、常滑市と共同で、中部国際空港島の東側及び空港対岸部の地域について、国に対し、都市再生緊急整備地域の指定の申出を行うことといたしました。都市再生緊急整備地域に指定された場合、愛知県においては、名古屋市以外で初めてのこととなります。 #
  • ②当地域では、空港機能の強化、愛知県国際展示場を中心としたMICE機能の充実、中部臨空都市での企業誘致等を進めていますが、2020年東京オリンピック、2026年アジア競技大会、2027年度リニア開業を見据え、こうした取組を更に加速させ、都市機能を強化していくことが重要となります。 #
  • ③都市再生緊急整備地域に指定されると、都市計画の特例や民間都市開発事業に対する税制・金融支援措置の活用が可能となるため、積極的な民間投資に繋がり、都市開発事業が促進されることで、愛知県の取組に大きく寄与するものと期待されます。地域指定に向け、国としっかり調整して参ります。 #

Powered by Twitter Tools