大村ひであきブログ

2016-10-17 のつぶやき

2016/10/17 23:59
  • 10月15日、北朝鮮の弾道ミサイル発射報道がありました。失敗とはいえ、累次にわたる弾道ミサイルの発射は、平和と安全を損なう重大な挑発行為であり、断じて容認できません。明白な安保理決議違反で、航空機や船舶の安全確保の観点からも極めて問題であり、厳重に抗議するとともに強く非難します。 #
  • 政府には、国際社会と連携して北朝鮮の拉致、核、ミサイルといった諸懸案の包括的な解決に向けて、断固とした措置をとるよう強く要請します。愛知県としても、引き続き、県民の皆様の生命・財産を守るため、安全・安心の確保に努めて参ります。 #
  • 愛知県では、このたび、オートファジーの仕組みの解明により、ノーベル生理学・医学賞の受賞が決定した大隅良典東京工業大学栄誉教授に「愛知県学術顕彰」をお贈りすることとしました。大隅先生は、平成8年から13年間、岡崎市の基礎生物学研究所でオートファジーの研究に力を注いでこられました。 #
  • 大隅先生は、まさに愛知県で研究活動の基盤を形成され、顕彰するに相応しい方であります。大隅先生のノーベル賞受賞は、愛知県民の大きな誇りであり、次代を担う若者に大きな勇気を与えてくれました。県民の皆様とともに、大隅先生のノーベル賞受賞の喜びを分かち合い、お祝い申し上げたいと思います。 #
  • 愛知県内のロボット産業は、産業用ロボットを中心に製造品出荷額等では全国1位の規模を誇っています。愛知県では、ロボット産業を自動車、航空宇宙に次ぐ第3の柱として大きく育て、この地域を世界に誇れるロボット産業拠点として発展させていくことを目指し、様々な取組を進めているところです。 #
  • そうした中、今般、国において、「ロボット新戦略」のもと、2020年の開催を目指し、「ワールドロボットサミット」の開催地の公募が始まりました。この大会は、ロボットの研究開発や社会実装を加速させるため、様々なロボット競技やデモンストレーション等を開催する世界初の国際大会です。 #
  • 公募開始を受け、愛知県では、当地域のロボット技術の更なる向上や利用促進、国内外の企業・大学との交流促進を図るため、現在空港島に整備中の大規模展示場での開催を目指し、開催誘致に応募することとしました。ぜひとも誘致を実現させ、ロボット産業の更なる国際競争力強化に繋げて参ります。 #
  • 読売新聞社主催の未来貢献プロジェクト「未病」シンポジウムにて、「健康寿命の延伸はモノづくり愛知の力で」と題して講演しています。 https://t.co/U1YbMntVQv #
  • 大谷泰夫前内閣官房参与、黒岩祐治神奈川県知事、大島伸一国立長寿医療研究センター名誉総長と参加したパネルディスカッションで発言しています。 https://t.co/zwK5YrlXmt #
  • 午後2時から、よみうり大手町大ホールにて、読売新聞社主催の「未病」シンポジウムに出席。愛知県の産官学連携による健康長寿産業の振興の取組について講演した後、大谷泰夫前内閣官房参与、黒岩祐治神奈川県知事、大島伸一国立長寿医療研究センター名誉総長とパネルディスカッションを行いました。 #

Powered by Twitter Tools