大村ひであきブログ

2016-06-01 のつぶやき

2016/06/01 23:59
  • 愛知県では、5月22日から昨日までの10日間に、10人の尊い命が交通事故の犠牲となっています。この厳しい事故情勢を踏まえ、本日、今年2回目の「交通死亡事故多発警報」を発令しました。県内の交通事故死者数はワースト1位。県民の皆様には、交通ルールの遵守、マナーの向上をお願いします。 #
  • 午前、愛知県公館にて、今年1月に職場近くで発生した交通事故に際し、自らの危険を顧みずに炎上する車内から1歳の幼児を救出された豊明市の久野崇さんに、愛知県消防及び水防表彰の表彰状を授与しました。かけがえのない命を救って頂き心から感謝申し上げます。久野さんの益々のご活躍を祈念します。 #
  • 愛知県消防及び水防表彰を受賞された久野崇さん、豊明市の土屋消防長と。愛知県公館にて。 https://t.co/miNB3JcIO6 #
  • 午後2時から、愛知県庁正庁にて、国・県等の関係機関による愛知県交通安全対策会議を開催。会議では、年間の交通事故死者数を155人以下にする目標を掲げ、平成28年度から32年度までの総合的な施策を定めた第10次愛知県交通安全計画と今年度の愛知県交通安全実施計画を決定しました。 #
  • 愛知県の交通事故死者数は、昨年まで13年連続して全国ワースト1位、今年も72人の尊い命が失われています。また、本日、今年2回目の「交通死亡事故多発警報」を発令したところです。悲惨な交通事故を一件でも減らすため、関係機関の皆様と連携して交通事故防止にしっかり取り組んでまいります。 #
  • ダイコーが稲沢市・一宮市で不適正保管している食品廃棄物について、愛知県はダイコーに廃棄物処理法に基づく改善命令を発出するとともに、排出事業者に対して回収指導を行って参りました。しかし、最終的に排出事業者が特定できない食品廃棄物が4,765立米(全体の約53%)残る見込みです。 #
  • 今後、気温が上昇する夏場を迎え、腐敗による悪臭や害虫の発生による周辺の生活環境への影響が懸念されるため、ダイコーが不適正に保管している食品廃棄物について、民法第697条に基づく「事務管理」として、県が中心となって稲沢市、廃棄物関係団体・処理業者のご協力を頂きながら撤去を進めます。 #
  • 県が撤去する方法には、廃棄物処理法に基づく行政代執行がありますが、行政代執行ではダイコーに対する措置命令の手続きなどに相当の時間を要することや、悪臭等の発生だけでは行政代執行の対象とすることが難しいことから、今回は、民法に基づく「事務管理」による撤去としました。 #
  • 撤去に要する経費について、愛知県は、廃棄物を分別・積込する経費39,690千円を予備費で措置します。本来であれば、この他に廃棄物の収集運搬・中間処理・最終処分に約2億1,400万円がかかりますが、稲沢市や廃棄物関係団体、廃棄物処理業者の皆さんの無償の協力を頂くことができました。 #
  • 今回、撤去に要した費用は本来はダイコーが負担すべきものであるので、ダイコーに対し速やかに費用請求を行います。撤去作業は今月8日から開始します。今後、新たに排出事業者が特定できた場合には、排出事業者に対して速やかに回収を指導します。協力機関としっかり連携しながら進めて参ります。 #
  • 続いて、アイリス愛知にて、愛知県治水砂防協会の通常総会で挨拶しました。今回の熊本地震でも土砂災害により大きな被害が出ていますが、愛知県もいつ甚大な土砂災害に見舞われるかわかりません。ハード・ソフト両面の対策を積極的に進めて参りますので、協会の皆様の一層のお力添えをお願いします。 #
  • 続いて、キャッスルプラザにて、愛知県土木研究会懇親会で挨拶しました。研究会の皆様には、社会インフラの整備や維持管理にご尽力頂き、感謝申し上げます。県民生活や産業活動を支えるため、土木技術の向上や人材の確保・育成に今後ともご協力をお願いします。研究会の益々のご発展を祈念します。 #
  • 続いて、名古屋国際ホテルにて、愛知県住宅関連産業協議会懇親会で挨拶しました。協議会の皆様には、良質で快適な住まいの提供にご尽力頂き、感謝申し上げます。県としても住宅の耐震化の推進はもちろん、豊かさを実感できるまちづくりに努めて参りますので、協議会の皆様のご協力をお願いします。 #
  • I posted a new video to Facebook https://t.co/rfdBgBaO9U #

Powered by Twitter Tools