大村ひであきブログ

2014-11-17 のつぶやき

2014/11/17 23:59
  • 今日は、午前9時半から定例記者会見。始めに、11月9日から10日に、ESDユネスコ世界会議の開会全体会合へのご臨席と地方事情ご視察のため、皇太子同妃両殿下にご来県頂いたこと、そして、先週10日~12日の世界会議、併催イベント等の成果について報告させて頂きました。 #
  • 皇太子殿下には、9日に明治用水土地改良区水源管理所とユネスコスクールの豊田東高校をご視察頂き、10日には、両殿下そろって開会全体会合にご臨席頂いた後、安城市にある水のかんきょう学習館をご視察頂きました。両殿下のご来県は、大変光栄なことであり、心より感謝申し上げます。 #
  • 世界会議には、150か国から76名の閣僚を含め1000名を超える方々が参加し、ESDについて活発な議論がなされました。最終日の全体会合では、今後の世界のESDの取組方針を示す「あいち・なごや宣言」が採択されるとともに、あいち・なごやの子どもたちがメッセージを発表しました。 #
  • また、会議期間中は多くの方々に会議を傍聴して頂くとともに、併催イベントにもご参加頂きました。開催地元としては、警備協力やボランティアなどにより会議の運営を支えるとともに、展示やレセプション、エクスカーションなどを通して、各国からお越しの皆様にあいち・なごやの魅力をご紹介しました。 #
  • この度の世界会議の開催にあたり、県民の皆様始め、地元経済界、関係機関、ボランティアの方々など、ご支援、ご協力頂いた皆様に心から感謝を申し上げます。引き続き、「環境首都あいち」や「魅力あふれる愛知」づくりに取り組み、今回の世界会議を愛知の更なる発展・飛躍につなげて参ります。 #
  • 愛知県では、名城公園内にあり、会館後42年経つ愛知県スポーツ会館について、体育協会や利用団体、近隣のスポーツ施設・大学など様々な方々のご意見を伺いながら、そのあり方の検討を進めてきましたが、このたび、幅広い県民の皆様に利用頂ける生涯スポーツの拠点施設として存続することとしました。 #
  • 来年度から2年程度かけて、耐震工事や競技場の床の張替えなどのほか、市民ランナーのためのランナーズステーションを設置するなどリニューアルを図るとともに、指導者養成や運動プログラムの作成を通じて、高齢者、幼児、障害者などを含めた幅広い層に対し、スポーツ機会の提供に努めて参ります。 #
  • 愛知県では、労働団体、経済団体等と連携し、仕事と生活の調和に向けた「あいちワーク・ライフ・バランス推進運動」を展開しており、定時退社や有給休暇取得促進などに取り組んでいます。その一環として、11月の第3水曜日を「愛知県内一斉ノー残業デー」と定め、広く参加を呼びかけています。 #
  • 今年は、19日の通勤時間帯に、金山総合駅始め6駅で、男性の育児参加を啓発する「イクメン応援キャンペーン」と合同で街頭PRを行い、朝8時から私が先頭に立って呼びかけて参ります。多くの皆様が定時退社され、家族団らんや趣味などを楽しみ、働き方を見直すきっかけにして欲しいと思います。 #
  • 午前11時から、春日井市役所で行われた春日井ナンバー導入記念式典で祝辞を述べました。私も、伊藤市長を始め地元の皆様と一緒になって国に働きかけてきただけに、本日、春日井ナンバーの車が走り出すことを大変嬉しく思います。春日井市の知名度アップにつながることを大いに期待します。 #
  • 春日井ナンバーのスタート記念式典です。おめでとうございました! http://t.co/EdwVUg6XXP #
  • 午後1時半から、アイリス愛知にて「県・市懇談会」に出席。県内38の市長さん方から、マイナンバー制度の導入や地震・津波対策、地域包括ケアシステムの構築、交通安全対策等に関する要望を頂きました。内容を真摯に受け止め、今後も県・市の連携を密にし、各地域の発展に全力で取り組んで参ります。 #
  • 続いて、愛知県内の特別養護老人ホームを始めとする社会福祉施設に、鶏肉1764kgをご寄贈頂いた㈱さんわコーポレーションの古川代表取締役会長へ感謝状を贈呈しました。さんわグループ様には毎年、愛知県と名古屋市へ鶏肉をご寄贈頂いており、今年で10回目です。深く感謝申し上げます。 #
  • ㈱さんわコーポレーションの古川会長さんに、感謝状を贈呈しました。ありがとうございました。 http://t.co/i28h0snEUX #
  • 続いて、名古屋逓信会館にて、愛知県青果物・花き販売促進経営者会議で挨拶しました。JAグループや卸売会社の皆様方には、愛知県産の農産物の生産・出荷・販売促進にご尽力頂き、感謝申し上げます。愛知県は全国有数の農業県。皆様方とともに、農業でも日本一元気な愛知を目指して参ります。 #
  • 続いて、名古屋駅桜通口交差点で、日本自動車連盟愛知支部、自販連愛知県支部、自動車総連愛知地方協議会、愛知県自動車会議所の皆様と、自動車関係諸税に係る街頭活動を行い、宣伝車の上からスピーチしました。地方に元気を取り戻すためにも、自動車諸税の負担軽減に、しっかり取り組んで参ります。 #
  • ラグーナ蒲郡を運営する蒲郡海洋開発(株)と、主要株主である愛知県、蒲郡市、トヨタ自動車では、ラグーナ蒲郡をより魅力ある施設として発展させるために、抜本的な改革に取り組んでおり、8月には、ラグナシア等の運営事業を(株)HISの子会社である(株)ラグーナテンボスに事業譲渡しました。 #
  • また、愛知県では、今後の地域の発展・活性化を目的に、当地区のアクセス改善を図る道路整備等のための予算措置を行うとともに、蒲郡市でも、観光振興や雇用を促進し、市の持続的な発展を図るため、「ラグーナ蒲郡運営事業支援交付金」に関する条例を制定し、ラグーナ蒲郡を支援することとしました。 #
  • 一方、蒲郡海洋開発に残るマリーナの運営事業と分譲事業については、その後も関係者間で検討を重ね、このたび、トヨタ自動車が設立した新会社(株)ラグナマリーナに事業譲渡するとともに、蒲郡海洋開発所有の未分譲地は、県が道路整備などで取得する以外をトヨタに引き受けて頂くこととなりました。 #
  • これで蒲郡海洋開発の事業は、すべて新たな運営事業者に移行することとなります。今後、株主総会での決議等を経て解散手続に入り、ラグーナ蒲郡の改革は完了します。ラグーナ蒲郡は年間3百万人もの来場者がある東三河きっての集客施設。新たな形での再出発が更なる地域発展につながるよう期待します。 #

Powered by Twitter Tools