大村ひであきブログ

2012-05-01 のつぶやき

2012/05/01 23:59
  • おはようございます。今日も爽やかないい天気ですね♪連休の谷間ですが頑張りましょう! #
  • 愛知県では、今年度「三河湾環境再生プロジェクト-よみがえれ!生きものの里“三河湾”-」と銘打って、県民参加の里海調査やNPO等の環境活動の支援など、様々な事業を展開して参ります。このたび、プロジェクト全体の開催概要がまとまりましたので、本日記者発表しました。 #
  • スタートとなる事業は、5月6日(日)に蒲郡市の竹島海岸においてNPO法人東三河自然観察会が主催する磯・干潟観察会で、私も参加します。また、プロジェクトの総括的な位置づけとして、夏頃、琵琶湖の環境改善に尽力されてこられた滋賀県の嘉田知事をお招きし、シンポジウムを開催します。 #
  • 愛知万博やCOP10を契機として育んできた環境に対する高い県民意識をさらに発展させて、様々な主体による取組を継続していくことで、三河湾の環境再生をめざします。これから始まるプロジェクトの内容は県のホームページで逐次情報発信していきますので、県民の皆様の積極的な参加をお願いします。 #
  • 4月9日に専決処分により予算措置しました震災瓦礫の受入れに向けた検討調査の進捗状況について報告します。愛知県独自の受入基準の策定支援業務を4月24日、被災地から愛知県までの搬入手法等の調査検討業務については4月27日に入札し、それぞれ既に発注を終え、検討に着手しています。 #
  • また、名古屋港南5区における地質調査業務と受入れ施設の工法等にかかる基本検討業務については、明日にも入札を行い、発注します。全部で11本の調査、検討業務があり、生活環境影響調査業務など残り7本についても、今月中旬までには全て発注を行い、1日でも早く着手して参ります。 #
  • 名古屋港水族館は今年、開館20周年。今日、来館者3500万人を達成しました。また、昨年度の来館者数は国内第3位。春休みから3頭のシャチも公開中です。水族館では記念事業として、絵葉書タイプの特別入館券を配布し、地元港区の新小学1年生約1500人を招待します。水族館の一層のご活用を! #
  • 午後から、東海三県一市知事市長会議に出席。会議に先立ち、来年3月に名古屋市が北区にオープン予定の陽子線がん治療施設を視察。陽子線治療は、体への負担が少なく、普段と変わらない生活を送りながら治療できるがん治療法です。その後、古田岐阜県知事、鈴木三重県知事、河村名古屋市長と意見交換。 #
  • 今回のテーマは2つあり、1つは「地方分権改革の動向について」。事務・権限を地方に移す国の出先機関改革の関連法案が、今国会に提出される見込みの中で、三県一市の枠組みで国の出先機関の受け皿となる広域連合などについて、検討を進めていくことになりました。 #
  • 2つめは「がん対策を中心にした医療サービス等の充実・強化」。愛知県にはがん診療連携拠点病院が、県立がんセンターを始め国指定で15ヶ所、県指定で8ヶ所、計23ヶ所あります。陽子線治療施設の完成に伴い、がん治療の選択幅が広がることから、医療関係者へのPRなどにしっかりと務めて参ります #