大村ひであきブログ

2011-08-29 のつぶやき

2011/08/29 23:59
  • 東日本大震災による愛知県への避難者は1300人弱。最近ほぼ一定数で推移し ています。このため被災者用に確保している県営住宅を450戸から210戸(入 居は137戸)へ変更し、県民募集に振り向けます。なお国、市町村を含めた総 計で2498戸を確保。引き続き被災者支援に万全を期します #
  • 愛知県では、福島県及び宮城県からの要請を受け、9月から新たに7名の職員を長 期派遣します。福島県には、行政職4名、農学職1名、土木職1名の計6名を来年 3月末まで。宮城県へは、現在の土木関係3名に加え、新たに農業土木職1名を2 月末まで派遣します。復興支援に全力で取り組みます。 #
  • 三河港では、港湾の振興と地域経済の活性化を図るため新規コンテナ定期航路の 誘致を進めています。この程、推進方策の一環として新規航路開設から6か月 間、入港料と岸壁使用料を全額免除する優遇措置を創設することとし、9月議会に 関係条例改正を提案します。三河港の一層の利用促進に努めます #
  • 野生鳥獣による農作物への被害が増加しています。被害防止とともに、捕獲した鳥 獣の処理が一つの課題ですが、7月の中部圏知事会議で、ジビエとして活用する本 県の取組を紹介したところ、各県から高い関心が寄せられました。ジビエとは狩猟 により食材として捕獲された野生鳥獣の肉です。 #
  • ということで、9月10日、11日に名古屋市久屋大通公園で開催される「ふるさ と全国県人会まつり」にジビエのブースを出展します。愛知県で捕獲されたイノシ シとシカの肉を使った料理の試食や、中部各県の取組を紹介します。10日には私 も参加してPRします。ぜひお越しください。 #
  • 中部7県の行政、観光団体等が一堂に会し、観光振興を討議する「第13回中部の 観光を考える百人委員会」に出席しました。今回のテーマは「観光による復興と地 域活性化」。震災による自粛ムードや風評被害を乗り越えて、中部地域の豊富な観 光資源を有機的に結びつけ、旅行客誘致に繋げていきます #
  • その後、中部経済連合会と中日新聞社主催の第8回「中央日本交流・連携サミッ ト」に出席しました。三田中経連会長、川勝静岡県知事、河村名古屋市長のほか、長野、岐阜、三重 県の副知事さんらと、自然災害に対する備えと安全・安心な地域づくりをテーマに パネルディスカッションで議論しました。 #